JAWA AKITA GROUP

ロゴ:JAWA
ロゴ:社会福祉法人のしろ汐風会

メニュー

Staff Blog

スタッフブログ

📖第36弾 JAWA秋田スマイルチャリティ📚

チャリティー活動

皆さんこんにちは!

広報企画部の安田です(。・∀・)ノ゙

今回のJAWA秋田スマイルチャリティは、合同チャリティイベントとして「さらさ秋田土崎」のオープンにも伴い、さらさ秋田土崎の向かいにある秋田県点字図書館様へ寄贈いたしました!

事前に、弊社のチャリティー活動についてと同じ社会福祉を営む者として障がい者の方達へ何か支援ができないかとお話したところ、「貸出を行っているレコーダーが不足している」とのことで快く受けてくださいました😊

この秋田県点字図書館様は、社会福祉法人秋田県社会福祉事業団が指定管理を行っており、点字・録音図書などの収蔵や情報機器の貸し出しの他、点訳・音訳図書制作を行っています。

また、利用する際に関する各種サービスや館内の見学や点字体験学習、視覚障がいの方が必要とする点訳・音訳の製作等に関わるボランティアを養成することを目的とした点訳・音訳奉仕員養成講座なども実施しているそうです💡

そして今回、私達から贈る寄贈品は、視覚障がい者の方が録音伝書(耳で聴いて読書ができるよう朗読し、その音声を収録したCD)を聴取する際に使用する機械の「プレクストークポータブルレコーダーPTR3」という再生機です。

当日の贈呈式には、JAWA秋田スマイルチャリティの委員長 佐藤と副委員長の山方、そしてさらさ秋田駅前とさらさ秋田土崎の職員で参加しました。

また、今回の活動の様子を秋田朝日放送株式会社様と秋田テレビ株式会社様、秋田魁新報社様に取り上げていただきました📺📰

取材・収録、贈呈式の様子をご覧ください。

贈呈式後は、秋田県点字図書館の館長の内藤様からのお話で「レコーダーを利用される方の中には、寝る際にレコーダーで図書を聴きながら眠る方達もいます。なのでとても需要が多く、とてもありがたいです😊」と仰っていました!

私達が寝る前に少し読書することと同じで、今後さらに活用していただけたらと思います😌

また今回のチャリティー活動をきっかけに、私達も視覚障がい者への理解を深めつつ、またさらさ秋田土崎に併設している地域交流室も利用していただきながら、秋田県点字図書館様と共に地域住民や障がい者の方々に地域貢献を行っていきたいです。

秋田県点字図書館の皆様、そしてチャリティに参加してくれた職員の皆さん、ありがとうございました😊

そして、昨日の秋田朝日放送株式会社様の夕方のニュース「トレタテ!」では贈呈式の様子が放送されました📺🌟

次回のJAWA秋田スマイルチャリティは、きらきら保育園秋田駅前がお送りいたします!

お楽しみに~🍀

Comments

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前のブログ
次のブログ